スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/23 本日の予想
ドル円
    L 96.10-96.20-96.31-96.41

    S 95.69-95.59-95.49-95.38

ドル円
分析 フィボナッチ
おはようございます、さて先日からUPしています分析方法の続きです。
チャートはドル円の1hです。

分析 1h

まづは、6/19の高値97.17と安値95.99にFRを当ててみます。
基本的にSのポイントはブレークアウトですので、95.99そこから-2~-3pをSのエントリー値に
次はLのポイントですが、丸で囲んでいるところ3箇所ありますが、一番上の97.17ではなかなか
遠いようにも思えますし、一番下の61.8%の96.72ではタッチして戻る可能性も考えられます。
難しいですね、ここではLのポイントを二番目の76.4%96.89に+2pして96.91をLポイントとしてみます。
ということで、エントリーポイントはS95.97 Lを96.91に決めましょう。
次はリミットとストップの決め方ですが、まづはリミットから説明いたします。
フィボナッチ数列とは、1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, ・・・から作られる分数の数列、

2/3, 3/5, 5/8, 8/13, 13/21,・・・

は、0.618に収束し、

1/3, 2/5, 3/8, 5/13, 8/21,・・・

は、0.382に収束します。また、1-0.618=0.382の関係にもあります。その他にも

1/5, 2/8, 3/13, 5/21, 8/34,・・・

は、0.236に収束します。これらの値はフィボナッチ・リトレースメントと呼ばれています。

いろいろありますがここでは一番簡単な方法でフィボナッチ数列の8・13・21・34の数字を
Lポイントの96.91に足していきます。最初のリミットポイントが96.91に8を足しますから
96.99となります。そして実際のリミットは僕はVTで設定したチャートの1分足と5分足を
見ながら、リミットとストップを決めています。SエントリーはLポイントの逆になりますので、
SポイントのS95.97から-8・-13・-21・-34として行きます。
ストップは2通りあります。

?LポイントとSポイントの差異94pの半分の47pに置く方法
  
  例 L96.91 ストップ 96.44

?L96.91 ストップをSエントリーポイントの95.97に置く方法

 以上です、ご参考になれば幸いです。

本日の予想 今週の結果
6/15
   ドル円 S98.03-97.76 +27p

6/16
   ドル円 S97.58-97.30 +28p

   豪円  S77.28-76.06 +46p

 EUR/USD S1.3752-1.3782 -30

6/17
   ドル円 S96.05-96.76 -71

6/18
   見送り

6/19
   ドル円 L96.69-96.92 +23p

    利益 124 損益 101 合計 +23p
6/19 本日の予想 結果
ドル円

   L 96.69-96.92 +23p

ドル円

日曜日には分析の続きをUPしたいと思っています。

6/19 本日の予想
ドル円
   L 96.69-96.82-96.9297.06

   S 96.15-96.02-95.87-95.62

ドル円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。